2018年1月16日火曜日

句会報34

武装勢力俳句を詠む
今回の句会棟梁では、武装勢力俳句なるジャンルを作り取り組んでみようと思う。
昨年は、北朝鮮から様々な事情により日本に向けてミサイルが発射されていた。
知らない間にミサイルは飛び、気が付けばこの日本に落ちていた。
つまりこれは、日本国および島根県、ひいては自分という存在が北朝鮮側から見た場合、
武装勢力とみなされていた事を意味している。
そうか、我々は、武装勢力であったのか・・・。
平和ボケしている日本に、これ以上に 痛烈な風刺を入れてくれる存在は他にないように思う。
さて、ミサイルは気が付けばすでに海に落ちていたが、この度は武装勢力というテーマを主題にして俳句を詠んでみたいと思う。

武装勢力島根県とは何か?
まずははじめに、北朝鮮から見た場合、島根県のどこが武装勢力として見られているのかについて着眼していこう。
標的となるは、当然、島根原発と松江城であろう。
電力資源の基盤である島根原発を殲滅し、国宝松江城の守りを破壊しなけねばならない。
島根県民の奥ゆかしさは、また、地球規模での脅威でもあろう。
この、どこまでもはっきりとしていない出雲を、野放しにしておけば、やはり、北朝鮮にとっての脅威となる。
秘密兵器を開発しているに違いない。
だからこそ、あのミサイルは飛ばされたのだ・・・。

武装勢力ソケイについて
また、島根県民の一員である、自由律俳人ソケイも、当然ながら武装勢力としてみなされていた。
だからこそ、北朝鮮は危機を感じ、ミサイルを発射したのである。
この男の危険性とはいかに?
・スズメバチを謀殺し続けている
・ツタ植物をことごとく殲滅している
・鎌とナタを毎日振り回し続けている
・チェーンソーと草刈り機を研究し続けている
・ミサイルの事は基本的に何も知らない
やはりこの男は怪しいし、危ない。武装勢力であるに違いない。

もしも自分がミサイルの「射的目標」になってしまった場合、一体、どのような俳句を詠むべきなのか?
それについてあれこれと悩んでみたところ、以下のような俳句が詠めた。
・ミサイルと一緒
・DIY力で戦います
・超、最強装備でございます
・拉致やめようミサイルやめよう麻薬やめよう
何ともひどい俳句が列挙されることになったが、とにかく、四の五の言わさず、ただひどい。
戦争とはこんなにも、ひどい俳句を俳人に詠ませる物なのか?
超、最強装備とは以下のような武装を意味している。
・ナタ(両刃)カヅラ用
・ノコギリ(シルキー社)(もしくはアルス社)
・選定バサミ(お徳用700円)
・腰ベルト
・除草剤(原液をスプレー容器入り)
・スズメバチ殺虫スプレー(15mジェット噴射)
このような装備で出歩いていた場合、ミサイルの標的になってしまうに違いない。

また、「ミサイルと一緒」という一句も非常に気になる。
ミサイルと、一体何が「一緒」で、あるのか?
予算がか?破壊力がか?存在感がか?厄介さがなのか?
様々な選択肢が浮かんでくるのだが、それらをすべて含めての「一緒」であるように思われる。
また、某NHK番組「おかあさんといっしょ」のネーミングに対して、発射された一句のようにも思われる。

さてさて、気が付けば?空想上、北朝鮮ミサイルと戦ってみる事になった。
・ミサイルには殺虫剤は効きません
・ミサイルにナタで歯向かい負けました
・ミサイルや島根原発困ります
ああ、惨敗した。私は、このミサイルにはもはや勝てないのだ・・・。
・ミサイルやつわものどもが夢の跡
・幾たびもミサイルの深さを尋ねけり
とにかく、ミサイルには勝てない、ということが武装勢力俳句を詠んでいくことで分かった。
戦争の悲惨さについて、まったくもって知ることができないまま、
武装勢力俳句は、とにかく「ひどい」という事だけが知ることができた。
戦争と、「ひどい」は、どうにも切っても切れない縁のある言葉であるように思われる。
そのような、残尿感が居残った。

2018年1月9日火曜日

句会報33

※自由律俳句TV7のあらすじ

~宇宙銀河探訪編~
最高の一句を求め、自由律俳句の会「棟梁」は、
宇宙船ポルテ(トヨタ車)に乗り込み、
宇宙銀河系への冒険に飛び出すことにしたのである。

そのかいあって、惑星『マンガ喫茶アリオン』への訪問、探索を無事果たしたのであるが、
なぜか?うっかりと、左クリックボタンを誤って押してしまった事により、
その録画データはすべて、一瞬のうちに次元のはざまへと消滅した…

2017年12月7日木曜日

句会報 第31回

図書館吟行レポートの開始



句会棟梁では、新たに、図書館吟行レポートなる企画を始めてみる事にした。

これは、慢性的なネタ切れ、および句会参加者の欠乏、
そして、自由律俳句で出会うべき人に、だいたい一通り出会い尽くしてしまった事により、
自由律俳句での目標そのものを見失ってしまった事が原因である。

これから先、一体、何を目指したらよいのか分からない。

だとすれば?
そんな人間は、図書館に籠り、目標そのものを発見することに専念をすべきだ。

読書は雨天の友。
精神年齢を若返らせる方法として、勉強および、読書ほど、魅力的な物はほかにない。

これから先、句会報を通じて、松江近辺の各地の図書館で学んだことや、
その図書館そのものについても記述をしていこう。

・学ぼうと思った時が若さなり   造林鎌

そのような、標語俳句が詠めた。

さあ、知的好奇心を全開にさせ、図書館へ行こうではないか。
文房具を携え、目標そのものをメモしていくのだ。

同時にノートパソコンも持ち歩き、疑問に思った事をネットでも調べ、
そして、様々なデータファイルにまとめていく。

新たに生まれ変わる。それは、たった一冊の本に出会った時にも訪れる。

本のジャンルは一切問わない。
あらゆる時代の、あらゆる国の人の言葉の中に、未来を切り開く力が隠されているのだと信じれば、これほど心が晴れる選択肢は他に無い。

一説によると、冬が訪れ、ただ単に外を歩くのが肌寒くなったからだという動機も存在するが、
それもあるが、しかし・・・・・・・、

学んでみよう!

問答無用に、目標そのものを、見つけて学ぶ事に焦点を合わせることにした。

これから先、どのようなテーマに取り組んでいくのかは、まったく未知数という事になる。

漫画家にしても、映画監督にしても、きっと、
そのような精神を持っていないと、心が晴れた状態で仕事をしていくことはできないと感じた。

・心が晴れる場所 図書館   造林鎌


2017年11月29日水曜日

句会報 第30回

なんとなく酒と向き合う

今回の句会棟梁では、なんとなく、酒という物と向き合ってみようと思う。
これは、日々、仕事のしすぎで、頭の中がナタの振り方と砥石の事ばかり考えるようになると、社会人としてどうなのか?という事を反省するためでもある。

多少は、街に出て、人との会話も楽しめるような人間にならなくては・・・と。
そういう口実で、酒を飲む機会を増やすのである。

酒といえば、まずはビール。
ビールはなんとなく、税金が年々高くなっているように感じる。
しかし、うまい。
頂という発泡酒も登場したが、これはなかなかに画期的なお酒だと思った。
キリンとアサヒが金字塔で、ほかのメーカーはなかなか入る余地が少ないようにも思う。

次は、なんとなく、ウィスキー。
ウィスキーは30代になってからはまったが、まだまだ、奥行きがあり、
いつまでも楽しむことができそうだ。
ロック、ソーダ割、水割りと飲み方によって、味が全く変化するところも魅力的。
最近は、ブラックニッカディープブレンドをもっぱらお気に入りで飲んでいるが、
ローラが似合う、ジムビームも当然うまい。
山崎も、当然うまい。
富士山麓には、行ってみたくなる。
人からもらった商品券を、すべてウィスキーに費やしたことがある。

焼酎は、まだそこまで詳しくないのだが、
夏になるとジュースと割って、氷をふんだんに入れて飲んでいる。
しかし、いいちこやいいともなどは、定番の味だと感じる。
父親は白波のファンだったが、体を悪くして飲めなくなった。

日本酒は、全種類を飲みたくなる欲求にかられるお酒である。
なぜか、全種類を吟味して飲み比べたくなる挑発的なジャンル。
そもそも、蛇の目というおちょこがいけないのだ。そんな気分にさせるだろう。
ここ最近では、北秋田などお手軽で大変気に入っているのだが、
そのほかにもいくらでも豊富な人材がそろっている。
それにしても、東北の酒はレベルが高い。
他の追随を許さないハイクラスさを感じるが、対抗心を燃やして日本中の杜氏さんに頑張ってもらいたい。
獺祭は、島根県の隣の県で作られている。

紹興酒は個人的には大好きなのでもっと飲みたいのだが、
日中関係の政治的な事情からか?入手できるはずなのに、妙に種類が少なく残念。飲食店にも、あまり置かれていない。
ワインと同じくらい、ふんだんにいろんな種類を入荷して特集なども組んでもらいたい。
そうだ、中国酒の専門書を買ってみたくなってきたぞ。
やはり、ザラメを入れて燗してのむのが異常にうまい。

ワインは味は好きだが、酸化防止剤が苦手で飲むと二日酔いするので困っていた。
しかし、ここ最近、酸化防止剤無添加の物が増えてくれてうれしく思う。
また、海外のワインはかなり勉強してからでないと、当たり外れが大きいので何とも言えない気分にさせられる。
一種のギャンブルのような?種類のお酒だが、やはり、ピザやチーズなどと食べ合わせると非常にうまい。

果実酒は、この中では一番のまない種類だと感じる。
しかし、当然、のむとうまい。
味つけがどうしても甘いので、たくさんのむという事がやや、しんどくなるのが原因か。

養命酒は、違う口実をつけて飲むことができるお酒である。
これは、クスリだと称して、20代の頃呑んでいた。
養命酒は、薬局で入手することができる。

こうしてみると、酒は百薬の長だとつくづく思う。
酒による弊害も当然たくさんあるのだが、それも踏まえて、人の成長を映す道具だと思う。
あと、飲酒運転で死亡したくない。

話は変わるが、忘年会のように今年1年で詠めた句を振り返ると、
一番インパクトがあった句は、

・クビか?
・我慢!


の2句、という事になってしまった。
3文字の発音で句が詠める、という事に気が付き、短律ってなんなんだろう?と、考えさせられた一年であった。
いまだ、2文字で句が詠めた試しがないのだが、
この調子で、3文字の句をもっと、並べてみたいと思う。

さて、なんとなく酒と向きあい詠めた句がこちら。

・牛乳の飲みすぎ
・キムチの食べすぎ
・酒、呑みすぎか?


人間が、このような姿である時、たしかに、様々な自問自答を発生させるのだと思う。
牛乳やキムチに関しては、とりすぎた場合、すぐに自覚ができるのだが、
酒に関しては、あきらかに飲みすぎていても、なお、本当に飲みすぎているものなのかを疑問にしたくなる催眠術が存在する。

そんな謎が、気になった。

2017年11月14日火曜日

句会報 第29回

句会棟梁では、気が付けば、なぜか?砥石を中心に俳句について考えるようになっていた。

気が付けば、京都府亀岡市へ旅行に行き、砥石職人へ会いに行き、
毎日、刃物と砥石ばかりを眺めて、人生の謎と向き合うという日常を送るようになっていた。
気が付けば、「コンビ鎌砥」と呼ばれる小型の砥石を常に携帯したくなり、
気が付けば、休みの日は、刃を研ぐことが趣味になった。

果てしなく仕事の量は増え続け、休みの日は、仕事の為に刃を研ぐ。

気が付けば、人生のスケジュールはすべて、仕事一色で染まり切ってしまうという事態が発生した。
ママチャリと砥石が友達ですと、キャプテン翼に報告すべきなのだろうか?
気が付けば、自由律俳句の世界ですることが無くなり、句会の今後についても、
将来性を見つけていくことが困難な状況になってきた。

気が付けば、刃を錆びさせないために、オリーブオイルを購入し、油を塗っているのが日課になった。

武士と農民の共通点として、刃物がある。砥石がある。

刃物と砥石を見つめている時ほど、自分の中に、
農民の血と、侍の血が流れている本能に気が付かされる瞬間はまたとない。

句会棟梁は、名前からして、そんな方針を進んでいくのがよいのだろう。

・名前から決めよう鎌倉幕府   造林鎌

形から入る、という入門方も世の中には存在するが、
名前から入る、という入門の仕方が、どうも、俳人ホームセンター造林鎌としての基準のようだ。

棟梁の語源を調べる。

棟梁(とうりょう)は、組織や仕事を束ねる、中心人物である。
棟(むね)と梁(はり)という、建物において重要な構造を譬えに用いた言葉。昔は、武士や僧侶の社会の筆頭格を指すことが多かった(例:将軍職は源氏の棟梁である)。現代社会では大工・石工の元締めや現場監督、現場代理人などを指すことが多く尊称として扱われる。単なる土木工事現場の現場監督などが棟梁と言われることはない。親方と類義語であるが、大工・石工以外の親方を棟梁と呼ぶことは少ない。

この国をどうしていきたいのか?
サシガネや、ノコギリ、砥石を使い、国を変えることを考えねばいけないのだろうか?

・いいくに作ろう鎌倉幕府

この名句を、人類ではじめに気が付いた人物は、生徒だったのか?教師だったのか?
それとも、受験と全く関係のない一般人だったのだろうか?
本来ただの語呂合わせであるはずの言葉だか、人生で最も目指していきたい素晴らしい心意気を示した言葉であるとは、事実は小説よりも奇なりといいたくなる。

・いいくに作ろう鎌倉幕府

これほどまでに、素晴らしい名句、心境には出会ったことが無い。

座右の銘は?と尋ねられたならば、

・いいくに作ろう鎌倉幕府

と、即答できるような人生を送りたい。

そのような句会報になった。

また、余談ではあるが、
気が付けば、句友から手紙がたくさん届くのだが、筆不精なため、返事を全く書いていない日常が蓄積もしている・・・・・・。

いい国を、作ろう。

2017年10月23日月曜日

砥石同好会の発足

砥石同好会の発足

名称:松江砥石同好会
主催:句会『棟梁』
場所:松江テルサ
日時:未定
参加費:500円
内容:砥石についての情報交換、研ぎ会など
行事:京都府亀岡市へ旅行して勉強会を開く予定