2017年4月21日金曜日

句会報『棟梁』第13回


シンガーソングライター研究大会は、思わぬ方向へと発展していく事になった。
 
まず、松江市ほか、島根県内にたくさんの歌手が存在することが分かり、ライブ活動の情報も頻繁に掲載がされている為、俳人を探すよりも、はるかに分かりやすく容易に会いに行ける事が分かった。
 
金曜日、土曜日の夜は仕事があるため、なかなか参加がしにくいが、なんとか、いつか聴きにいくことができそうだ。ただ、仕事が何かしら追加で増えて残業になり、午後8時頃など、微妙な時間帯で遅刻して参加する事になる。
 
路上でゲリラライブを行っている歌手も存在し、これも色々と参考になった。
 
しかし、具体的な事を書くとプライバシーの侵害になってしまうので、これも、徐々に距離を近づけていくべきだと思った。
 
定型俳句の句会については、ここ4、5年、情報を集めているが、依然として参加することが困難を極め、また、同年代の俳人を探すことは、さらに難易度が高くなり続けている。句会の情報を集める為には、一つ一つ公民館を訪問せねばいけなかったり、ネットで集めるにしても異常に難易度が高く、仕事の時間と重なる事が多く、ほぼ、参加をすることができなかった。
 
定型俳句の句会の開催日を列挙した、専用のカレンダーを作成する必要がある。
 
 
やっとお会いできた、星野光範さんという俳人については、現在原稿を書き進めているところで、あとは、なんとかスケジュールを調整して、鳥取県の句会きゃらぼくへ訪問をせねばいけないと、段取りを組んでいるところである。
 
 
 
そんな最中、歌手という役目について、やっと手がかりになるべき存在が見つかった。
 
 
 
春風が吹いたおり、私は、風に踊っている満開のチューリップを見たのだ。
 
その時、私は、異常にダンシングフラワーが欲しくなった。
 
 
 
音が鳴ると、踊る、花のおもちゃ。
 
 
 
それは、なんと魅力的であることか。
 
 
 
旧タカラ社より発売された、フラワーロックなるおもちゃは、全世界で爆発的ヒットとなり、850万個が販売されたのだという。
 
 
 
これこそが、歌手としての目指すべき姿であると思った。
 
 
 
気が付くと私は、ヤフーオークションの会員に登録をすませ、オークションの一参加者として、競り合いに興じている事になった。
 
 
 
それにしても、フラワーロックなるおもちゃのなんと魅力的であることか。
 
これを入手した暁には、句会の会場に、常連参加者として同席させ、様々な句を朗読し、句会の目の前で踊ってもらわねばいけない。
 
歌手としての目指すべき姿。
 
それは、意味などさっぱりわからないのだが、問答無用にカリスマ性が高く、魅力的であること。意味よりも、魅力が勝る事を優先すべきだと思った。
また、社会現象を自ら作り出すくらいの力があること。時代に流されるのではなく、自らが新たな時代を作り出す、台風の目のような存在になり続ける事であると思った。
 
添田唖蝉坊なる人物も、そういう人であると思う。
 
 
フラワーロックを味方につけたなら、人生は、十倍豊かになるに違いない。
 
 
 
歌手の世界から学ぶべき事はまだまだたくさんあるので、次回以降も、随時、結果を書き込む予定。
 
また、フラワーロックについては、単独で特集を組む必要がありそうだ。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿